« ダン・ブラウンの小説「オリジン」 〜平成徒然紀行〜 ( 日々の出来事 ) | トップページ | King&Princeアイランドのチケットを探しています。 »

2018年10月17日 (水)

トレンチコート ベルト修理 - ベルト・バックル修理 革漉き・裁断 伊東金属製作所


日に日に肌寒くなる季節、そろそろトレンチコートの準備をする方が増えてきました。
今回ご紹介のお客様は、石川県のお客様で、赤色のトレンチコートです。
革巻きのバックルがボロボロなので修理したいのと、修理に際しては濃紺の革のバックルにしたいというご希望でした。
到着したバックルと一緒に、在庫があるネイビーの革を用意して一緒に撮影しました。
お写真をお客様にお送りし、色合いを確認してからの作業になります。
ネイビーは写真に写っている2色、どちらの国産の良質な革です。
風合いからすると、私は上の革がお勧めなのです。
と、言いますのも、横浜の有名バッグメーカーで使われている革の端材ですので手触りがよく、バッグに使う革ですので防水なのです。
トレンチコートは雨の日も使いますから、傘をさしていても防水革のほうが、万一濡れてしまってもさっとふき取るだけですので、痛みも少ないかと思います。
ただ、お客様のご希望は下の濃いほうの色合いでした。
もともと濃紺とおっしゃっていたので、色のイメージがこちらに近いのだと思います。
それでもこちらの濃紺の革も品質は良い革で、国産雄牛限定で鞣されている革ですので、しっかりした革です。


濃紺の革でバックルを作り替え、ベルトへ取り付けました。
ベルトへの取り付けは追加作業となりまして、ご自分でお裁縫ができる方へは、リーズナブルにバックル修理のみでも承っております。

修理受付は、メールかLINEで、画像送付の上、お申込みいただくようお願いしています。
お電話でのご相談も受けておりますが、お電話のみでは状態が確認できませんので、お見積りはできません。
お電話いただく場合でも、まず画像をお送りいただいてからのお問い合わせであればスムースにお見積もり出来ます。


大体の価格を知りたい場合は、弊社ホームページをご覧になってみてください。
こちらには価格を記載しています。
ブログだと年数経って価格改定した際に更新しきれないので、ブログには記載しないようにしました。

持込いただく場合、留守にするときもございます。
必ず事前にご予約ください。
持込でも画像送付はお願いします。

土日はお休みですが、LINEの場合、時間があれば可能な限り返信してます。
ただ私もお休みなので、返信に時間が掛る場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、お急ぎでしたらLINEが便利です。
よろしくお願いします。

伊東金属製作所
03-3886-6271
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku

« ダン・ブラウンの小説「オリジン」 〜平成徒然紀行〜 ( 日々の出来事 ) | トップページ | King&Princeアイランドのチケットを探しています。 »